代表取締役 日野 加代子よりメッセージ 代表取締役 日野 加代子

社員を成長させるステージをつくる。それが会社の成長戦略。

社員を大事にする気持ちから生まれた、さまざまな取り組み。

絶えず成長する会社でありたい。それが当社のビジョンです。会社が成長を続けていくために必要なのは、「人」が成長すること。数値では表現できない「人徳」や「やる気」や「リーダーシップ」といった能力を評価し、成長できるステージをつくることが、会社の役目だと考えています。
例えば、社員が心地よく過ごせる職場環境。そうすればお客さまにも心地よい環境やサービスを提供できるようになります。例えば、環境整備。毎日きれいに掃除したり整理整頓したりすることで、すがすがしい気持ちになれるだけでなく、さまざまな気づきがあり、人間力が高まります。例えば、2年目の社員が新入社員をマンツーマンで指導したり相談にのったりするトレーナー制度。教えることで自分自身が育つ仕組みです。
そして、当社の女子会、TSG(トリックスターズガールズ)。女性がパワーを発揮すれば、男性社員もお客さまも元気になる。女性が輝く会社になるための取り組みです。これらは、すべて人を大事にする気持ちから生まれたもの。トリックスターズグル―プというステージでは、素晴らしい人財がすくすくと育っています。

完成された会社ではない。自分たちで会社をつくっていく。

トリックスターズは完成された会社ではありません。これから皆さんと一緒につくっていく会社です。そのためには、思っていることがきちんと伝わることが大事。経営者や上司が言ったことが正しいとは限りません。いろんな意見が交わされる風通しのいい会社でありたいと考えています。 また、一人ひとりが持つ個性を100%発揮できるようにすることも大切です。「お客さまに対応には絶対の自信がある」「数字のことなら任せてほしい」「企画が得意」など、自分が「これは」というものを1つ伸ばして、できないことは周囲がフォローする。そんな思いやりあふれる組織を目指しています。

厳しさ愛情の裏返し。責任を持つことが成長につながる。

せっかくステージを用意しても、それを活用しなければ意味がありません。大切なのは本人に成長意欲があるかどうか。当社では、若いうちから責任を持たせています。それが成長につながるからです。
また1年目の社員には、「言われたことは、文句を言わずにやりなさい」と指導しています。理不尽なこともあるでしょう。不愉快な思いをすることもあるでしょう。それでも頭と身体を動かして我武者羅にやることで、人としての基本が身につきます。ここで逃げていたら、いつまでたっても一人前の社会人になれません。それが分かっているからあえて厳しくしているのです。何億人もの中から、ご縁があって当社に来ていただいた人財ですから、真剣に育てたいと考えています。