「明日も楽しく仕事をしたい」と
思える職場環境をつくることがマネージャーの仕事

努力がキャリアアップとして評価され、任される業務や責任が増えることにやりがいがある。

 入社した時に掲げた目標が、「女性社員のキャリアステップの実績をつくること」。念願がかなって、入社6年目に女性初のマネジャーに昇格しました。当社は教育制度もキャリアプランも充実していて、やる気さえあればどんどん研修に参加できるし、どうすれば昇進できるか明確です。私は、マネジャートレーニー制度にチャレンジ。無事に合格できて本当にうれしかったですね。
 主任職のときは、環境整備、販促、設備遊技台管理、カウンター業務などさまざまな専門業務を担当しました。今はその主任業務を管理する立場。頼ってくれる人がいることが、やりがいにつながっています。店長が不在のときの時間帯責任者や店舗全体のコスト管理、労務管理なども、重要な仕事です。責任が重くなった分、「しっかりしなかれば」という自覚が芽生えました。

新卒で入社、現在は後輩を育てる立場へ成長。

 私は大学時代のアルバイトから一般社員、主任、マネジャーとキャリアを積んできたのですが、成長したから職位が上がったというより、職位が上がったから成長できたのだと思います。心がけていることは、後輩たちに「明日も元気に仕事をしたい」と思ってもらえる環境をつくること。もちろん、叱らないといけない場合もありますが、そんな中でも仕事を楽しめるよう気を配っています。マネジャーとしての仕事をしっかりやり遂げてから次のステップを目指したいですね。